日本南大洋生態系研究プロジェクト Japanese joint Research
on East Antarctic Ecosystem STructure
(JR-EAEST)

KARE20(第20次南極観測航海)での様子を紹介します。

KARE20(第20次南極観測航海)での様子を紹介します。


高緯度域の夏は、太陽が沈んでもこのような明るさです。


ザトウクジラは停船観測しているとしばしば近くに現れます。近年は分布が南下しているといわれます。生態系変動の一部かもしれません。


海氷上で休んでいたアデリーペンギンが、近づく海鷹丸に重い腰をあげて海に逃れます。残されたのはオキアミ色の糞でした。


ワタリアホウドリは世界でもっとも大きい海鳥です。翼を広げると3mくらいあるそうです。海鷹丸からやや距離を置いて飛ぶ姿が見られます。他にも多くの海鳥をみることができますが、彼らは何を食べているでしょうか。


雪の舞うデッキで、出番を待つ鉛直多層式開閉ネット(VMPS)。動物プランクトンの層別採集を行うネットです。


倉庫の一角をラボとして使っています。海面下に位置するこの場所は、凍えるように寒く生きた動物プランクトンの観察に最適。


雪舞うデッキでのサンプル処理作業。寒いです。

Lasted Posts

PAGE TOP
Copyright © Collaborative Research Team for the Southern Ocean Ecosystem by TUMSAT and NIPR All Rights Reserved.